ワークショップ後半は、部屋のレイアウトを変更して、ジュブリーさんがこのワークショップ用につくられた「模擬壁ボード」がずらっと並び、体験コーナーが繰り広げられます。

参加者は2名一組に分かれて、壁にみたてたこのボードに、実際の手順通りに壁紙を貼っていくのですが、レクチャーで見聞きしているのと、実際にやるのとではやはり違うようで、あちらこちらで歓声やら笑い声やらが飛び交っていました。

このWorkSalonでは色々なワークショップが繰り広げられていますが、中でも一番賑やかなワークショップで、一人で参加された方も、お友達と連れだった方も、子供と一緒に参加されたママも、皆さんとても楽しそうでした。

柄物の壁紙は貼り合わせる時に絵柄を合わせてずらしていくために、多少の端材が出てしまうのですが、そんな端材は参加者のお土産になっていました。

DIYの体験コーナーの後は再びレイアウトを変更して、テーブルを囲んだ質疑応答タイム。

参加者の多くが、実施にご自分の部屋の壁紙を模様替えしたいと思ってやってきてるだけあって、色々な質問が出ていました。

株式会社ジュブリー

〒106-0045 東京都港区麻布十番3−3−5

TEL:050-5837-7483

◉壁紙革命のホームページ

http://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamikakumei/

 

◉壁紙革命のfacebookページ

https://www.facebook.com/kabegamikakumei.jebrille

 

◉壁紙革命のアメブロページ

http://ameblo.jp/kabegamikakumei/

 

賃貸でも壁紙インテリアを楽しめることをもっとみんなに知ってもらいたい。

お気に入りの洋服に袖を通すだけでとてもしあわせな気分になれる。

お部屋だって同じこと。

今までの白い壁にお気に入りの壁紙を着せるだけでしあわせな気持ちがうまれる。

Wallpaper Makes You Happy♡

ユーザー事例紹介[2016/1/25]

壁紙インテリアDIY教室[株式会社ジュブリー 様]

このWorkSalonをご利用頂いているユーザー事例をご紹介する記事企画・第1弾は

「壁紙革命〜賃貸でもおしゃれに」というキャッチフレーズを掲げ、

DIYで簡単に貼って剥がせる壁紙のネットショップを運営する「ジュブリー」さんです。

 

カーテンや絨毯〜各種インテリア…と、近年お洒落な空間演出への注目は高まる一方ですが、

そんな中でも、居住空間の中で一番大きな領域を占める「壁」は、ある種の聖域になってしまっていて、残念ながら賃貸物件の場合には、入居者の自由にできる部分ではない!
それがこれまでの日本の住宅事情でした。

 

そんな日本の住宅環境に一石を投じるように、自分たちで簡単に貼って剥がせるDIYスタイルの壁紙を提案する「ジュブリー」さんは、

「賃貸物件でも使えて」、「お洒落で」、「DIYで自分たちで簡単に施工できる」…というコンセプトで『貼って剥がせる壁紙』の通販を手がけられています。

そして、その要であり原動力となっているのが、

単に商品を販売するだけではなく、

壁紙に関する情報や、実際に壁紙を貼る一連の作業を体験できるこのワークショップの運営です!

 

それでは、このWorkSalonの運用例を通して

「ジュブリー」さんが手がけられているワークショップをご紹介しましょう!

当ワークサロンで「壁紙DIY」のワークショップを展開されている株式会社ジュブリー代表の

笹川 亜由菜さんにお話しをお聞きしました。

◉当ワークサロンを知ったキッカケは?

インターネット検索で、都内のレンタルスペースを色々と探し回っていて見つけました。

 

◉数あるレンタルルームの中からここをお選び頂いた理由は?

いかにも会議室っぽいイメージが嫌だったので、お洒落な場所を探していたのですが、なかなかそんな都合のいいのがなくて...

あっても結構使用料が高かったり…

そんな時にたまたま見つけたこのお部屋がかわいくて一番いい感じだったし、価格も安かったのですぐに決めました。

 

◉六本木という立地に関して

正直なところ立地的な面では、青山とかのお洒落なイメージの場所がいいなーと思っていたのですが、なかなか都合よくいいスペースがなかったし、六本木ならばアクセス的には悪くなかったし、駅からも近かったので!


◉実際にこのスペースを使ってみた感想は?

何よりもお部屋の雰囲気がかわいくて女性向きなのが一番気に入っています。

いつも綺麗にして頂いてるし、トイレとかも女性向きの感じにしてくれているのもとても嬉しいです。

女性の参加者が多いので!

あとは、価格面がとてもリーズナブルで助かっているので満足しています。

 

◉このワークサロンでやっておられるワークショップはどのようなものですか?

私たちはネットショップを運営していて、「DIY」「賃貸物件でも使える」「お洒落なもの」という3つをコンセプトにしてやっているのですが、その中でのメインの商材が「貼って剥がせる壁紙」なんです。

壁紙の他にも、例えば「ペンキ」や「床材」「インテリア」「エアープランツ」とか、色々取り扱っているのですが、全部賃貸住宅でも使えて、自分たちで施工できますよ…というのがテーマになっています。

 

そんな中で、メイン商材の壁紙に関しては、

ネットショップ販売という特性から、実店舗がある訳ではないので、お客様に実際に商品を見て頂くことができないのがハンディーなんです。

『DIYで自分たちで簡単に貼って剥がせますよ』といっても、皆さん『いいな〜』とは思っても『本当に自分たちでできるの?』...と不安に思われる方も多いので、

実際に見て、体験してもらえるイベントをやってみようというところから、このセミナーをはじめました。

それで購買に繋がればいいなーという思いで!

◉御社が取り扱っておられる壁紙の特徴を教えて下さい。

日本の殆どの住宅やマンションなどで貼られている壁紙は殆どがビニールクロス製のものなのですが、私たちはこのビニールクロスは取り扱っていません。

なぜならば、ビニールクロスは簡単に剥がす事はできないし、素人が貼るには難しいからです。

そんな中で、私たちが取り扱っている壁紙はフリース(不織布)と呼ばれる製品で、DIYに特化し、初めての方でも比較的簡単に貼って剥がせる、環境にもやさしい壁紙なんです。

 

◉価格は幾らくらいのものなのですか?

基本的に「1ロール10m」という単位なのですが、

自社のオリジナルブランド(国産品)から海外のものまで色々あって、だいたい8,000円くらいから、高い輸入物で4万円~5万円といった感じです。

◉これまでにどれくらいの方々が参加されていますか?

ここでワークショップをはじめてからは20回目くらいになり、毎回、午前の部、午後の部で、各10名ずつくらいでやらせて頂いているので、

既に、ここだけでも大凡400名くらいの方には体験頂いていることになりますね。

◉実際にこのワークショップをやってみて参加者の評価や、成果などはどうですか?

参加者の多くは、実際にご自分のお部屋の壁紙の模様替えをしてみたいと思われている方で、

自分で貼る作業に何かしらの不安を持っておられる方々ですので、実際に貼って剥がす作業やテクニック的なもの〜ポイントなどを体感できて、とても好評頂いています。

また、参加された方の多くは、実際に壁紙を買って頂けているので、販売にも結びついているので、とてもいい相乗効果でやらせて頂いています。

◉集客や宣伝の方法は?

ワークショップの集客は、自社のホームページやブログなどでアナウンスしているだけですが、

ネットショップだと、どうしても「売ってる側」と「買われるお客様方」の顔が見えない分、距離感を感じてしまう事が多いので、

私たちは普段から、それを如何に見えるようにするかに重きを置いています。

『こういう人たちがショップをやってますよ』とか、

『こんな動きをやってますよ』など、できるだけ沢山の情報を発信していくことで、『実店舗は無くても、実店舗よりも実店舗らしいネットショップなんだよ』というのを売りにしています。

このようなイベントを通して、実際にお客様と触れあい、信頼関係を築いていくことが最大の宣伝になっていると思います。

◉御社にとってワークショップの位置づけは?

このワークショップをやることでお客様も増えていますし、他の企業さんからのお声かけなどもあり、新しいビジネスが生まれたりもしているので、とても大事な位置づけだと考えています。

 

壁を自由に模様替えする慣習がある欧米に体し、日本ではまだまだ自由にはできない領域みたいになっているので、賃貸物件であっても、自分たちで季節や気分によって張り替えられるインテリアとしての壁紙を、そのDIYのプロセスも合わせて楽しんでほしいと思っています。
そんな楽しさを一人でも多くの方々に広めていきたいです。

INTERVIER:インタビュー

ワークショップの様子

ジュブリーさん情報

ワークサロン・マガジンに関するお問い合わせは以下のページから

株式会社ジュブリー 代表取締役:笹川 亜由菜さん

ジュブリーが取り扱っているフリース素材の壁紙

ワークショップは壁紙の特徴紹介や材料の解説からスタート

笹川姉妹による壁紙貼りの実演

貼り方のポイントが手順に沿って丁寧にレクチャーされていきます

とても楽しそうな参加者の皆さんを見てると取材させて頂いてる私もやってみたくなります

Copyright  2014   PK JAPAN  All Rights Reserved